« 2013年 忘年会リポート(2013/12/11) | トップページ | 「Thunder 1000mm」(その1) »

2013年12月15日 (日)

プチオフ会レポート(2013/12/15)

今週も朝練して参りました~。

今朝は今シーズンで一番気温が下がったようで、到着時の気温は1℃!全面が霜柱状態でした。

しかし風はほぼ無風状態でしたので、先週よりは暖かく感じました。

参加者は、ふかふかさん、kさん、tamoさん、クマガイさん、私の5名で、なっかーさんは来週登場予定(?)です。

それではちびっ子ヘリの方から参りましょう。

20131215_042

今回は、kさん(左)とふかふかさん(中)、そして私(右)と3機揃いまして全員集合となりました。

バー付きは私のだけなのですが、先週250用のスワッシュレベラーをkさんにお借りできたので調整しなおしてみたところ、プラスピッチでもマイナスピッチでも十分な浮揚感(?)で、クセみたいのもとれて非常に飛ばしやすくなりました。

このところ、気温が低いのでリポの管理が重要ですね~。保温してても、気温が低くてスグに冷たくなっちゃうので、ちょっと長めにホバリングしてバッテリを暖めてからアイドルアップに入れる感じです。

さらにちびっ子ヘリも全員集合です。

20131215_045

一番奥は、tamoさんのwalkeraですが、なんとFUTABAのS-FHSS受信互換モジュールというのがあるんだそうで、しかも特段設定変更をせずともwalkeraのプロポとFUTABAのプロポを交互使い分けることができるんだそうです。

20131215_013

モジュール交換無しでS-FHSSも使えるFUTABAの14SGでの初飛行となったのですが、どうも上手くいかなくて、日向ぼっこしながら説明書と睨めっこの図です(笑)

20131215_060

その甲斐あってか無事にFUTABAのプロポでもフライトすることが出来ました。

FUTABAのプロポで飛ばせるとなると、かなり魅力的ですね~。

続いてマイクロSALのコーナーです~。

まずはkさんから。

20131215_011

久々に持ってきたこともあって、リンケージのPEラインが伸びちゃったのか、最初は手間取りましたが、良く飛ぶようになりました。

ポッドの中にオレンジのサーボが見えますが、今の白いサーボよりも以前のオレンジのサーボの方が私は好きです。

続いてふかふかさんです。

20131215_025

ゾンビのように割れては蘇ってきた主翼とはおさらばし(?)、新作の投入です。

後縁に継ぎ足す形で翼面積を増やした、一段上反角のものですが、結構高度は上がるし、タイムも良かったりと、なかなか良い感じです!

かなり軽いバルサだったようで、マイクログラスの補強が入ってましたが、今回は割れる気配もなく、長く遊べそうですね!

こちらはクマガイさんの実験機(?)です。

20131215_032

主翼用のバルサの手持ちが枯渇したそうで、今度は色々な尾翼を作って実験しているそうです。これは尾翼面積30%増しで、しかも7mm(でしたっけ)ほど後ろに下げて接着してあります。

尾翼の大型化はピッチング方向に安定し、操縦しやすくなるそうですが、抵抗が増える分、ランチ高度も下がるんだそうで、痛し痒しって感じでしょうか。ちょうど折り合うところもあるんじゃないかと思いますが、実験を重ねる必要があり、なかなかクリーンヒットは難しそうです。

最後に私です。

20131215_052

私も新作を投入しまして、なっかーさんの言うところのSAL48をパクらせてもらったものです(笑)

各所で同じような羽根を作られていて、しかも好評なようですが、私もその評価の一人になりました。

600mm×80mmのバルサ板から無駄なく作り出せるこの羽根は、2段上反角から乗り換えても違和感がほとんどなく、ランチ高度も上がるし、滞空時間も良いという、非常に飛ばしやすい羽根でした。

継ぎ目が一ヶ所なので、作るのが楽なのも良いですね(笑)

今回は、1対1で割ったサンディングシーラーを2回とラッカーを1回塗ったものになりますが、塗る前の下地の段階で2000番まで磨き込んだので、今まで一番の平滑度になったのも良かった理由の一つかもしれません。ようやく塗るのに慣れてきた感はありますね~。

ただ、フライト後にバッテリを外そうとしていたら機体を地面に落としてしまい、思いっきり尾翼を割ってしまいましたので、今週は胴体...というか尾翼を作り直したいと思います。

|

« 2013年 忘年会リポート(2013/12/11) | トップページ | 「Thunder 1000mm」(その1) »

コメント

お疲れ様でした~

いいな~
コンディション良かったようですね。
私も家を出る時風も無く天気も良いし最高だろうなって思っていました。
こんな日にいけないのは辛いです(涙)

SAL48似の機体は調子良かったようですね。
あの翼型は継ぎ足さないといけにけど一箇所だけだから手間掛からないでしょう?
捨てる所ないしかなりECOな翼です(笑)
前縁の角度はどれくらいにしたんでしょうか?
私は図面を公開していないから同じって事は無さそうですよね。
今度比べてみましょう。

クマガイさんのやっている尾翼の大きさ。
やはりその辺やりだしましたか(笑)
実は私の作っている機体も毎回ちょっとづつ
アレンジされています。
以前、ショートテールの機体がダメだった時から
尾翼の大切さが身にしみました(笑)
最近は皆さんより大きめでございます。

来週はいけそうなので楽しみにしています。
皆さんよろしく~!

投稿: なっかー | 2013年12月16日 (月) 10時45分

>FUTABAのS-FHSS受信互換モジュールというのがあるんだそうで、しかも特段設定変更をせずともwalkeraのプロポとFUTABAのプロポを交互使い分けることができる

この部分に激しく反応してしまいます。
もう少し詳しく聞きたいですね!!

投稿: 焔 | 2013年12月16日 (月) 17時51分

焰さん

tamoです。FUTABA互換受信モジュールの増設とWALKERA受信機のソフト変更が初期作業として必要です。
受信部が2台構成となりますので電源の立ち上がり時に受信認識した方の送信機が使用可能となります。

現在入手出来る受信モジュールは2機種(V120D02SとMasterCP)です。単体価格は1,500円程です。モジュール組込み済みの完成ヘリはヘリ○ンにて販売されているようです。


投稿: | 2013年12月16日 (月) 20時12分

tamoさん

早速のお答え、ありがとうございます。
これでひとつ、選択肢が増えました。

さてと、ソロMAXでいくか、WALKERAでいくか^^
しばらく悩んでみます!

投稿: 焔 | 2013年12月17日 (火) 00時46分

>なっかーさん

>あの翼型は継ぎ足さないといけにけど一箇所だけだから手間掛からない
>でしょう?

2段よりも相当楽ですね~。
2段も中央が平らなタイプなので、さらに一箇所多いですから断然楽です(笑)


>捨てる所ないしかなりECOな翼です(笑)

まぁ、相当削り取っちゃいますが(笑)、面積的に捨てるところが無いのは、ECOですね~。ただでさえECOなジャンルなのにね(笑)


>前縁の角度はどれくらいにしたんでしょうか?
>私は図面を公開していないから同じって事は無さそうですよね。
>今度比べてみましょう。

いやぁ、全然分からないっす(笑)
今週末に比べてみましょう~。


>焔さん
>tamoさん

tamoさん、ご説明ありがとうございますm(_ _)m


>この部分に激しく反応してしまいます。
>もう少し詳しく聞きたいですね!!

詳しくはtamoさんが書かれていることで良いんですかね?
私もよく分かっていないのですが、ジェネラルリンクもそうですけど、こういう互換性の部分がクリアさせることによって、売り上げが良くなるワケですから、walkeraやナインイーグルに加えてDMS系も繋がるようになってくれると良いんですけどね~。

一時期any linkとかって言われていたような気はしますが...。

投稿: カネゴン | 2013年12月17日 (火) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61310/58762867

この記事へのトラックバック一覧です: プチオフ会レポート(2013/12/15):

« 2013年 忘年会リポート(2013/12/11) | トップページ | 「Thunder 1000mm」(その1) »