« プチオフ会レポート(2014/05/11) | トップページ | プチオフ会レポート(2014/05/25) »

2014年5月19日 (月)

プチオフ会レポート(2014/05/18)

今週も朝練して参りました~。

参加者は、ふかふかさん、tamoさん、kさん、私の4名で、天候的には快晴&微風ということで、絶好のピーナッツスケール日和となりましたが、諸事情によりちょっと飛ばせる時間が短かったこともあって、写真をほとんど撮っていませんです(涙)

このところ、日曜日の朝は良い天気が続いていますね!

それでは数少ない撮った写真からtamoさん機です。

20140518_017_2

tamoさんのピクニックJrのピーナッツスケール版ですが、サイドスラストを見直したからか、先週よりもさらに安定感良く、ゆったりと飛ぶようになって、このピーナッツスケールに当初抱いていた「癒し」を求められる仕様になってきたのではないかと思います。

20140518_011_2

こうやって写真を見ている限りでは翼長何センチの機体だか分からないですよね~。

小型機感がホントに無いですね(笑) まさかこれが翼長33cmには見えないことでしょう。

tamoさんはピーナッツスケール機を飛ばすようになって、以前よりも積極的に飛ばされてますが、自作するにしても飛ばすにしてもハードルがかなり低く感じられるのもピーナッツスケールの良いところですね~。

kさんもメカ類は揃ったようなので始動ですかね?

撮った写真の最後はこちらの私の機体です。

20140518_005_2

プロポの大きさと比べれば、やはり超小型とも言えるピーナッツスケール機です。

エレベータが若干シビアだったり、エルロンが若干ダルだったりしたので、舵角を調整したところ、かなりコントローラブルに飛ぶようになり、着陸もツツ~っと降ろせるようになったので、本日はペラを1枚も割りませんでした(笑)

先々週に飛ばした時は、フォルクスプレーンの1号機でしたが3枚割りましたからね~(笑)

これは格段の進歩と言えるでしょう(笑)

40クラスのGP機でも、翼長33cmのピーナッツスケール機でも、着陸が上手く出来た時の快感はほぼ同じような感覚で、「RC飛行機を飛ばしている」という満足度は意外と高いんですよ、これが(笑)

場所も時間も予算も限られている中で飛ばす動力付きの機体としては最高です(笑)

tamoさんも次回作を仕込み中なようなので、私も...と思っているんですけど、なかなか決定打がありません。

tamoさんのピクニックJrのように、旧作の復刻版みたいのもやってみたいのですが、思い出の機体って感じだと、何十年か前に親父が飛ばしていた「キュラーレ」とか「ウィークエンドスペシャル」なんかの図面があれば作ってみたいかも(笑)

それからポンコツジローとかポンコツあいちゃんなんてのもあったと思いますが、かなり作りやすそうな形だったような(笑)

ムサシノ系のも良さそうですね~。

フリーフライトの元祖ピーナッツスケール機には、超カッコいいスケール機もワンサカとありますから、ちょっと飛ばすのは難しいかもしれませんが、スケール機もやってみたいかも。

悩ましいところです。

|

« プチオフ会レポート(2014/05/11) | トップページ | プチオフ会レポート(2014/05/25) »

コメント

ピーナッツスケールですが
ピーナッツ(豆粒のように小さい)サイズのスケール機ということではなかったでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2014年5月20日 (火) 16時09分

通りすがり様
「ピーナッツスケール」とは、最大投影翼長が330mm(13インチ)のスケールモデル機と
理解しております。
 ですので実機ではないRCモデル機の縮小版は”ピーナッツスケールサイズ”とか
”ピーナッツサイズ"となりますでしょうか。

投稿: tmo | 2014年5月20日 (火) 20時21分

広義ではRCのミニサイズ化もあるでしょうが
基本は実機のスケール機ということでしょうね

ピーナッツスケールで作りたいが為に実機を作ってしまった強者もいるようですよ(笑)

投稿: 通りすがり | 2014年5月20日 (火) 23時40分

追伸)
昔の模型飛行機のキットにはセミスケール機なるものがありましたよね
実機の雰囲気を残しつつも模型飛行機として充分な飛行性能を持つものです

投稿: 通りすがり | 2014年5月20日 (火) 23時43分

>通りすがりさん

>基本は実機のスケール機ということでしょうね

恐らくゴム動力機の世界だと実機がベースというのが基本なのではないかと思いますが、F3AなんかをやるようなRCでいうスタント機というのは実機が無いので、RC機を実機に見立ててって感じでしょうか。

私なんかは実機にはそれほど興味が無くて、元々RCから飛行機に入っているので、RC機にしかない飛行機っていうのも好きなんですよね~(笑)

採用しているパワーユニットが結構パワフルなので、機体が機体ならパターンもイケたりすると面白そう...という感じです。

投稿: カネゴン | 2014年5月21日 (水) 00時42分

RCでもC/LでもFFでもスケール機というジャンルはありまして
できるだけ実機に近いようにという種目ですね
空飛ぶプラモデルという感じでしょうか

カネゴンさんの模型飛行機そのものを楽しむというのは
ミニサイズ模型飛行機ということでいいのでは?

個人的にはピーナッツスケール(スケール機)と呼ぶには抵抗がありますが(笑)

投稿: 通りすがり | 2014年5月21日 (水) 01時17分

>通りすがりさん

>個人的にはピーナッツスケール(スケール機)と呼ぶには抵抗が
>ありますが(笑)

なるほど、そこなんですね。

ピーナッツはともかく「スケール」という部分に引っかかると。

これは解釈の問題とも言えますが、wikipediaによると「スケールモデルとは、対象となる物の形状を、スケール (縮尺) に基づいて忠実に再現した模型のことを指す。実物を縮小して作成されることが多いが、同じ大きさや拡大して作られるものもある。縮尺模型とも呼ばれる。」ということで、実機が元であることが一般的だとは思いますが、個人的には対象となる機体がRC機であってもスケールダウンして作った機体であればスケールモデルと言っても差支えないと思います。

缶コーヒーのおまけなんかで、RCカーのプルバックカーが付いていたりすることがありますが、あれもRCカーのスケールモデルという考えです。

確かに「何かの縮尺変更模型(=スケール機)」ではなく、全くのオリジナルな機体であれば、スケールではなく、ピーナッツサイズとか、そういう話ではありそうですね。

あくまでも個人的な考えで、押し付ける気は毛頭ありませんが...。

投稿: カネゴン | 2014年5月21日 (水) 02時03分

>カネゴンさん

まぁいいじゃないですか(笑)。

通りすがりさんもあくまでも
「個人的に抵抗がある」
と仰ってるだけで
「やめろ」とか「訂正しろ」とかって訳じゃないんですから…。

他人のブログにとやかくイチャモン付けようなんて方でもなさそうですし、
世の中みんなが大好きなカレーライスが嫌いな人が居るくらいで、
多様な解釈があってしかるべきなんでしょうよ(笑)。

投稿: 8810 | 2014年5月21日 (水) 09時27分

RC飛行機のスケールと言っても、
どこまで拘るかは個人の自由ではないのかな
と思います。
自分が思うに、完璧なスケールRC機は
飛ばないのでは無いかとすら思っています。
RCなどと言うものは、飽くまでも趣味であって
各々が好きな様に楽しめれば、それで良く、
第三者(自分も含め)が、とやかく言うものでも無い様に
思っています。
ただし、全てにおいて、安全が最優先されなければならない
のが大前提ではありますがね。

投稿: 焔 | 2014年5月21日 (水) 09時47分

大きなラジコン飛行機をスケールダウンしました。
国語力として問題なさそうですけど。

身内の符牒程度に捉えて頂いて。。
この言葉が全国に広がり異を唱える人が多数出てきたら
また皆さんで議論してもいいでしょうけど。
こんな言葉を飛び交すより楽しく飛行機を飛び交わしませんか?

投稿: 歳三 | 2014年5月21日 (水) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61310/59666699

この記事へのトラックバック一覧です: プチオフ会レポート(2014/05/18) :

« プチオフ会レポート(2014/05/11) | トップページ | プチオフ会レポート(2014/05/25) »