« K.S.F.C.夏合宿2014(2014/07/19~20)レポート(一日目)【速報版】 | トップページ | プチオフ会レポート(2014/07/27) »

2014年7月23日 (水)

K.S.F.C.夏合宿2014(2014/07/19~20)レポート(一日目)

Img_3924

K.S.F.C.夏合宿2014に参加された皆さん、お疲れ様でした~。

これは総勢11名の参加となった初日のレポートになります。

集合場所を目指して常磐道を北上していると、雨が次第に強くなり、現地に到着しても雨がパラついていましたが、なんとか止んで曇り空をキープ。夕方は風が強めではありましたが、良いコンディションでしたね~。

岐阜からは尾島に行くときの最寄りICを通過してくるほどの距離を走破して8810さんがいらっしゃいまして、約1年ぶりに再会できてホントに良かったです!

これから本題のレポートになりますが、今回もまーさんから写真を大量にご提供いただきましてありがとうございます!この場を借りて御礼申し上げます。

それではレポートに参りましょう~。

まずは水上機ですが、今回最高のショットと言われたこの写真から(笑)

20140719_175

Kさんの機体ですが、ビルダーさんに作ってもらったというフルスクラッチのサボイアS.21(紅の豚の主人公搭乗機)です。

初飛行だったのですが、なんと離水直後に傾いた~と思ったらプロペラが飛んでいきました(笑) その決定的瞬間です(笑)

2度目はフロートが引っかかって離水できず、今回はそこで断念でした。

さらに同じくフルスクラッチの敵機となるカーチスR3C-0登場です。

20140719_491

フライト前の予想ではサボイアは飛ぶけどカーチスは難しそう...というものでしたが、全くの反対で、カーチスはもの凄く良く飛んでいましたね!

ただ風の影響というか、池というか湖というかここが広すぎるために波が大き目で、離着水時に波とのタイミングでスグにひっくり返っちゃうんです。

S0038

写真は8810さんの救助艇がカーチスを回収してきたところですが、かご付きの救助艇は大活躍でしたね!

こちらはtamoさんのHappyです。

20140719_104

恐らく、水上機初飛行(?)なのではないかと思うのですが、あっさりと離着水できて良かったですね!

ちなみに風向きが左前方から正面に向かって吹いていましたので、離着水は左手から右手へ、もしくは左手前から右前方へ持っていくようなイメージです。

続けて飛ばしたナイトメアミニでしたが、どうしても離水時に傾いちゃうみたいで3回はひっくり返っていました(笑)

20140719_266

tamoさん、無事回収の図です(笑) ひっくり返ってもスグに復帰してましたので不死身な機体です。

続いてHK版ポラリスですが、上がフクロウさんで、下がなっかーさんです。

20140719_123

20140719_144

両機とも水上では曲がらない~、なんて言ってましたが、それ以外は何のトラブルもなく、無茶苦茶簡単そうに離着水していました。

お次はまーさんです。

20140719_396

確か、岐阜でも飛んでいたようなと思っていたら、その時はフロートを二重にして浮力を増していたそうなのですが、今回は新作で大型化したフロートを履かせています。

ただそれでもちょっと重かったみたいで、水中翼を足しての離水成功の図です。

フロート底面のチェック柄がオシャレです(笑)

着水は何度か成功してたと思いますが、最後はバシャ~んとひっくり返ってしまいました。

20140719_407

お次はzippoさんのアイコンです。

20140719_245

エレベータの舵角が大きいのか、ちょっと飛ばすのが辛そうでしたが、良く飛んでいましたね!

お次はフクロウさん機です。

20140719_415

背面だのループだのとギャラリーの要求に見事に応えての着水だったのですが...

20140719_446

風向き的に左から岸と平行に入ってくると斜めの風になるので、着水が斜めになりやすいのですが、その影響なのか斜めに入ってしまい、まーさん機同様にひっくり返ってしまいました。

その横でもう一機ひっくり返っていた機体は歳三さん機です。

S0033

やっとの思いで回収したのですが...

20140719_550

なんと回収時にズボッと水に入ってしまったようで、足はびちょ濡れは仕方ないにしろ、プロポまで水没してしまったそうで、良く見るとプロポの下面の角から水が滴っています。

幸いにも使い古しのFF10でしたので、この際14SGに全面移行ですね!

お次は8810さんのカルディナです。

20140719_583

なんと飛ばす前は陸上仕様でタイヤが付いていたので驚きましたが(笑)、西湖や岐阜でも良く飛んでいましたけど、その「飛び」は健在でした!

私も以前、飛ばさせて頂きましたが、ホントに飛ばしやすいんですよね~。

そのコントロール性の良さからヨットを煽りに入ります(笑)

20140719_669

20140719_646

水上機とヨットというなかなか斬新な絵柄ですが、やっぱり動力付きには敵いませんよね(笑)

こちらの8810さんの自作機も西湖、岐阜とお目にかかりましたが息の長い機体ですね!

20140719_731

エレベータのダウン側の舵角が足りず、背面にしたところで墜ちちゃったのですが、3分で修理出来ちゃうのもスゴイですね(笑)

私もやはり西湖から飛ばしている中ちゃん複葉機です。

20140719_072

未だに水上(陸上も)でのトラブルには遭遇していなくて、非常に安定感があり、軽快で滑らかに飛んでくれます。水面ではホントにやりたい放題です。

しかしこの後、機体を回収するために堤防を降りようとしたところで滑ってお尻を強打してしまい、見事な青アザになってしまいました(痛) みなさん気を付けましょうね(笑)

一方のフォルクスプレーン(600mm)は、河口湖で飛ばせなかったので、そのリベンジだったのですが、飛ぶには飛んで離着水とも上手くいきました。

S0039

でも2度目の離水にチャレンジしたところで、波に引っかかってひっくり返ってしまい、廃機となってしまいました。また新しいのを作りたいところです。

お昼過ぎはランチに引っかけたワケではないのですが、ハンドランチタイム。

S0026

S0027

慣れないところでのハンドランチは木に引っかける確率が高いかもしれませんが、見事にエルフが得点を入れてましたね(笑)

一日を通して楽しんでいたのがヨットです。

S0006

広いので風が巻くこともなく、一定方向から吹き続けている感じで良いのですが、波が高めなので、今までとはまた違うコンディションでした。水面にも色々あるんですね~。

レースとなればみんな負けず嫌いなので、超真剣です(笑)

20140719_751

久々に気持ち良くヒールできたような気がします(笑)

全員ヨット持ちでしたが、これが全員集合です!

S0023_

今回が初顔合わせとなったのが8810さんのエンジェルです。

S0001_

初期特有とも言えるトラブルはありましたが、マストはセールはサンダー系と同じようなのですが、ハルはシーウィンドに近いイメージで直線の速度はかなり速かったのではないでしょうか。

エンジェルオーナーの8810さん。

S0007

操縦しているように見えて、操縦しているのはなっかーさんで、文句を言ってるだけだったりします(笑)

こちらはまーさん艇(サンダー)と焔さん艇(シーウィンド)です。

S0002_

こちらはtamoさんとクマガイさん。

S0016_tamo

カラフルなセールは歳三さんです。

S0019_

左が私で、右手前がまーさん、奥が8810さんのHK組です。

S0017_

こちらはフクロウさん艇。セールやマストは自作です。

S0020_

HK勢では一番速そうななっかーさん艇。

S0022_

今度、私のも調整してください(涙)

こちらはリボンが無いのでkさんかzippoさん艇です(笑)

S0003_

こちらは私のサンダーです。

S0018_

相変わらずのドンガメぶりでしたが、パイロンとなる杭を曲がっている途中でノーコンとなり、なんと反対岸まで良い感じに風を受けて行ってしまいました。

S0024

なんて言うか、一生懸命コントロールしている時よりも無茶苦茶速い(笑)

何もしていない方が速いという俗説「手放しターボ」は証明されましたね(笑)

反対岸まで結構な距離があったハズなのですが、あっという間に行っちゃいましたからね~。

ノーコンの原因はバッテリの残量ではなく、接触不良っぽいのですが、何とか無事に回収できて良かったです。サポートして頂いた皆さん、ありがとうございました。

まーさんのヨットのオンボードカメラの動画で締めくくりたいと思います。

波の感じが伝わりそうですね~。まーさん、ありがとうございました。

...と、まぁこんな感じで朝から夕方まで楽しんじゃいましたが、第二ラウンドとして夜はひとっ風呂浴びてから宴会に参加して参りました(笑)

私は帰宅しなくてはならなかったので、お酒は飲めませんでしたが、それでも酔ったようにハイテンション(笑)

フライトやセーリングももちろん楽しいのですが、宴会も無茶苦茶楽しかったです!

参加された皆さん、お疲れ様でした!

また企画して参りたいと思いますので、ご参加のほどよろしくお願い致しますm(__)m

|

« K.S.F.C.夏合宿2014(2014/07/19~20)レポート(一日目)【速報版】 | トップページ | プチオフ会レポート(2014/07/27) »

コメント

盛り沢山で編集も大変だったと思います。
ご苦労様でした。

水上機はEPP3Dの使い回しで離水も飛行も簡単です。
但し動翼のが大きいので着水後にのんびりしていると
風に煽られつんのめります(^^;

回収時に苔に足を取られ滑ったのですが、こんなことは
何十年ぶりでしょうか?
自分でも可笑しかったです。
水没FF10はシミュレーションに使えたので専用にします。

ヨットもこの数は圧巻ですよね~
散歩の人たちも足を止めて「いいものを見せてもらった」
と皆さん好感度。

当会員は品がよい人たちばかりなので当然ではありますが。。

投稿: 歳三 | 2014年7月23日 (水) 08時08分

お疲れさまでした。

対岸までほんとに早かったですね。驚きました。いい風向きだったんですかね。
ヨットは長時間走らせるので、私はプロポのテレメトリー機能で受信機電圧低下のワーニングを設定してます。BECの後なのでワーニングから切れるまでが早いけど役に立ってます。

歳三さんは怪我なかったでしょうか?
プロポの全部のモデルを移すのが大変ですね。

投稿: まー | 2014年7月23日 (水) 09時18分

まーさん

脛に傷。。じゃないですけど。。両脛に傷です。
近くにいた部外者のオジサンがバスンドエイドを「貼ってくれた」ので消毒になりもう大丈夫です。
見知らぬオバサンなら日常的ですが、見知らぬオジサンに生足を触られるのは微妙です。。
もう大丈夫ですよ!
8810さんが保険治療を心配してくれましたがそこまでの怪我でもなかったです。

FF10からSG14へ移行、、少しずつですね~
複葉機の中には受信機をバインドさせるのも大変だったりします。

投稿: 歳三 | 2014年7月23日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61310/60022828

この記事へのトラックバック一覧です: K.S.F.C.夏合宿2014(2014/07/19~20)レポート(一日目):

« K.S.F.C.夏合宿2014(2014/07/19~20)レポート(一日目)【速報版】 | トップページ | プチオフ会レポート(2014/07/27) »