« プチオフ会レポート(2016/10/23) | トップページ | プチオフ会レポート(2016/11/13) »

2016年10月31日 (月)

プチオフ会レポート(2016/10/30)

今週も朝練して参りました~。

秋が深まったきて、冬も見えてきたような寒さで、厚着してきたつもりでしたが寒かったです。

参加者は、ふかふかさん、Kさん、KEIZOUさん、私の4名でした。

今日の話題は何といってもふかふかさん作のバトルシステムです。

20161030_000008990_ios

赤外線をプロポ操作で発射して、敵機が受光してしまうと10秒間スロットルが停止してしまうというもので、停止している間は攻撃できません。撃たれたら着陸してしまわないように必死にコントールして復活するのを待ちます。

赤外線発光部です。

20161030_000013962_ios

バランスやケーブルの取り回しの関係から主翼の付け根付近に取り付けます。

バトルユニットの全貌です。

20161030_000023971_ios

今までは発光部、受講部、基盤、アンプと受信機の間に基盤を割り込ませるケーブルと、発光をコントロールするために受信機へ接続するケーブルと、基盤用の電源をバランス端子から拝借するケーブルというバトルシステムを構成するパーツをテープで固定していたのですが、着脱はかなり面倒で大変だったのですが、これらのシステムが一体化されてマジックテープで主翼に固定する方式となったため、お手軽に楽しむことができるようになりました。

赤外線を使う関係で、今朝のような曇り空がベストコンディションで、1パックで数回は撃墜したりされたりします(笑)

これをFPVで乗っているかのようにバトルするのはかなり楽しそうです!

発射する時と撃墜された時がちょっとわかりづらいのですが、発射時は地上側に別の受信機で発射操作を受信して音を鳴らすというシステムは既にあります。

撃墜時はテレメトリーのように機体側からの送信が必要になりますが、機載カメラの視野内に、撃墜時に点灯するLEDを設置する(基板上には既に有り)ことで解決できるのではないかということで、これまた楽しみが増えました。

アマチュア無線の申請も手続きはしましたので開局を待つだけです。

|

« プチオフ会レポート(2016/10/23) | トップページ | プチオフ会レポート(2016/11/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61310/64422016

この記事へのトラックバック一覧です: プチオフ会レポート(2016/10/30) :

« プチオフ会レポート(2016/10/23) | トップページ | プチオフ会レポート(2016/11/13) »