2016年4月25日 (月)

プチオフ会レポート(2016/04/24)

今週も朝練して参りました~。

20160423_233126833_ios

天気予報では、曇りだけど風も弱めでピーナッツサイズの軽量機を飛ばすにはもってこいの日になる感じだったのですが、完全に大外れとなりまして、雨が降ってる上に強風という最悪のコンディションでした。

にも関わらず、tamoさん、kさん、ふかふかさん、でーびーさん、KEIZOUさん、G3さん、カマボコさん、私と大人数が揃いました(笑)

このところ話題(?)のピーナッツ版ぱちWingですが、なんとtamoさんがほぼ図面通りに(写真右)、G3さんがオリジナル機を(写真中央)、そして私が修正した図面がどうなっているのか確認用に作った2機目(写真左)を作ってきまして、とりあえず記念撮影しておきました。

この天候でしたので、誰も飛ばす気にはなれなかったのですが、私はどうしても我慢できずに飛ばしちゃいました。

ただ今回の風は完全に北風で憩いの広場は使えず、風が吹いている中での強行フライトとなりました。

30gに満たない機体は、まだトリム調整も出来ていない状況ですから、強風に煽られてフライトはままならず、泥だらけになっちゃいました(涙)

tamoさんの機体は動翼がスチレンペーパーなので、その辺りの違いも感じたかったのですが、来週に持ち越しですね~。

来週こそは、おだやかな春らしい陽気の中で飛ばしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

ピーナッツ版ぱちWing 動翼の材質

先週の朝練で動翼の剛性がちょっと心配になったので、剛性アップするためにスチレンペーパー製にすることを思い立ち実行してみました。

スチレンペーパーにするのであれば2mmか1.5mm程度の厚みが良いかなぁ、思っていたのですが、手持ちには1mmと3mmしかなかったので、1mmを貼り合わせて2mmにする手もあったのですが、3mmで作ってみました。ちなみに1mmだとペラペラでダメっぽいんです。

で、早速重量を計測してみました。

まずは3mm厚のEPP製の動翼から。

20160423_032130433_ios

写真のように0.19gでした。

次に同じく3mm厚のスチレンペーパーです。

20160423_032139011_ios

なんと、0.71gと3.73倍も重いのです。

仮に2mmだとしても半分の0.35gですから1.8倍ほど重いです。

動翼は2枚で1セットですから、3mmだと1.04g、2mmを用意しても0.32gの増、ということで、最後端にある動翼の重さは影響が大きいですし、間違いなくさらなるウェイトの追加となりますので諦めましたorz

とりあえず明日の朝練で現状をチェックしてから再度考えたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

ピーナッツ版ぱちWing Ver.1.1

20160416_213809855_ios

翼長33cmのピーナッツサイズのEPP製自作無尾翼機ですが、実際に製作してみたら不具合があったので、それらを修正した図面をアップしておきます。

Photo

「A3サイズの図面はこちらです

修正内容は大したことがないのですが、モーターとプロペラを実際に使うものを考慮したものではなかったので、キチンと考慮したものにしたことと、バッテリサポートをバッテリがズレンないようにするサポート役と墜落時の保護の両方を考慮したものにしました。

KFmウィングの部分が一番わかりづらいかと思いますが、こちらのリンク先にあるPDFファイルをご覧いただきますと「KF Top-Step 50% Airfoil」という写真があるかと思います。

手で掴んでいる部分が前縁になりまして、反対側(中央部)は何かを挟んで持ち上がっている状態になっていると思います。

その挟んでいるものが上の図面の「KFmの枕」という名前になっているパーツになります。

まずは上の図面の「KFmWing」の後縁部分に沿わせて「KFmの枕」を接着します。

その後、主翼に接着するまえにサーボの位置決めをしてサーボのコードを通す切り欠きを作り、主翼に前縁部をつまむように接着して、後縁側はサーボのコードを通してから接着します。

その他のポイントとしては、重心は図面通りか1mm程度前にずらす程度、サーボは両面テープで固定していますが、ホットボンドを利用してカッチリと固定した方が良いかと思います。

動翼の材質にはついては後日検証したいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

ピーナッツ版ぱちWing構想

久々に機体を作ろうと思い立ち、3月に構想していた機体です。

複葉機だとかゼロ戦とかマイクロSALの新作とか作りたいものは多々あるのですが、ピーナッツサイズでお手軽・お気軽で軽快なフライトを楽しめる機体を手持ちで持っておきたいなぁ、ということで、以前に制作した「ぱちWing」という無尾翼機をピーナッツサイズに縮小したものになります。

翼長が580mmからピーナッツサイズの330mmになってますので、約56%に縮小されています。

Penuts_pop_wing_00

A3サイズの図面(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます

本家(?)はダイソーのカラーボード製でしたが、3mm厚のEPPを考えています。

翼型も以前と同じ「KFm Wing」の「KF Top-Step 50% Airfoil」です。

モーター、アンプ、サーボ、受信機、バッテリ等のメカ類は今までのピーナッツ機と全く同じで、モーターの向きが逆になるので、プロペラを逆に刺すだけです。

完成予想図は、以前のものと同じでこんな感じです。

Penuts_pop_wing_01

Penuts_pop_wing_02

Penuts_pop_wing_03

Penuts_pop_wing_04

分かりやすくするために着色していますが、EPPそのものの真っ白の予定です(笑)

まだ作り始めていないので何とも言えないのですが、重心位置は図面通りで良いと思うのですが(重心位置の考え方はこちら)、この重心位置をこれらのメカ類で実現できるのかが不明なんですよね~(笑)

あんまりウェイトは積みたくないので、良いところになって欲しいのですが...。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

マイクロ・スティックVer1.0 ロールアウト

今週も朝練して参りました~...と書きたいところなのですが、台風11号の影響で朝練という感じではなく、何とか初飛行だけしたいという望みが叶って、雨の止み間に1パックだけ飛ばせたので、そのレポートと行きたいと思います。

天候は正に「雨の止み間」で風は弱風から徐々に強まってる感じ。

マイクロ・スティックのロールアウトとしてはちょっと厳しい状況ではありましたが、とりあえず記念撮影です(笑)

Img_0362

舵の方向を確認し、まずは飛ばしてみてトリムの様子を見ます。

2周くらい飛ばして着陸し、まずエレベータがダウン気味でしたのでサブトリムで修正し、次にエルロンが効き過ぎだったので舵角を減らして再度フライトへ。

1回目の時に、エレベータがダウン気味だったから、かなり助走をつけないと離陸しないのかと思ったのですが、サブトリムを調整して水平飛行に問題がない状態となってもなかなか離陸しない感じでしたので、これは対称翼だからなのかもしれません。

2回目のフライト中から風が徐々に強まってきて、風の影響で瞬間移動するような動きをすることがありましたがコントロール範囲内でして、フォルクスプレーンよりも風に強いのは間違いなさそうです。

そんな風の中でも問題なく着陸し、無事回収となりました。

このサイズでもツツーっとキレイに着陸出来ると気持ち良いです(笑)

Img_0367

1パック分のフライトを終えてフォルクスプレーンと記念撮影しました。

Img_0366

スグに退散できるようにsolo maxxを加えて3機持ってきたのですが、ベンチの半分のスペースも使わないというサイズは、この場所に非常にマッチしています。

この写真を撮影直後から雨が降り始め、どんどん強くなってきたので退散となりました。

とりあえずは大成功のロールアウトとなりましたが、次回は風が無い時に飛ばしてみて、素性をしっかりと見極めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

マイクロ・スティックVer1.0 完成~

スーパーSのピーナッツサイズ版である、マイクロ・スティックが完成しました~。

20140807_004

大した構造ではない(=構造が簡単)のですが、なかなか時間が取れなかったりして、かなり時間が掛かってしまいました。

図面等はこちらの記事からご覧ください。

サイズはもちろん翼長33cmとなってます。念のため書いておくと隣に置いてあるのはiPadじゃなくてiPhoneです(笑) 正にデスクトップサイズですね~。

エルロン・ラダー・エレベータを装備した4chとなっていますが、気になる重量はフォルクスプレーンと同レベルの36gでした。

RCメカやパワーソース、ペラまで全て同じで、翼形が対称翼で高翼機というのが違うところでしょうか。

主翼は、やはりフォルクスプレーンと同様にスパーが2mm角のバルサ材でリブの上下から挟むタイプ。前縁がカーボンロッド、後縁がカーボンスパーとなってまして、切り出したのはリブだけです。上反角がないので製作は超簡単です。

機首部です。

20140807_003

今回は、モーターカバーは付けませんでした。車輪は、秋葉原でライトプレーン用のタイヤセットを発見したので買ってきたものです。

主翼はネジ止めです。

エルロンのリンケージです。

20140807_001

エルロンサーボを主翼内に仕込むには、低翼機ならはみ出ててもそれほどカッコ悪くないのですが、高翼機だとカッコ悪いので、胴体側にサーボを設置しています。

見た目重視にしたデメリットとして主翼を取り外す際は、リンケージロッドをバラすか、エルロンサーボのサーボホーンを取り外さないといけません。まぁ、滅多に取り外さないので良いのですが...。

尾翼部です。

20140807_002

特段特徴はないのですが、今回は動翼側のホーンにサーボホーンを使ってみました。

これは楽チンで良いです。

せっかくなので、フォルクスプレーンと並べてみました。

20140807_005

全く同じカラーリングということが分かるかと思います(笑)

今週末は台風の影響が気になるところですが、テスト飛行できればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

マイクロ・スティックVer1.0 生地完成~

20140709_001

パーツを切り出せば、生地完成まではそれほど工数はないのですが、なかなか時間がとれなくて、ようやく生地完成までこぎ着けました。

とりあえず紙テープで仮組してみましたが、あんまりゆっくりは飛ばないでしょうが、飛ばして楽しそうな機体になりそうな予感がします(?)

完成までは、ここからフィルム貼りやメカ積み、リンケージと続きまして、むしろここからの方が長いですし、土曜日は土曜日で用事入っているので、やっぱり日曜日には間に合わなそうですが、時間をひねり出して頑張って組み立てたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

マイクロ・スティックVer1.0 パーツ切り出し

このところ微妙に疲れやすく、遅くまで起きていられなかったりして遅々として進まないマイクロ・スティックですが、3日間ほどかけてようやく切り出せました(笑)

20140704_001

ほぼ直線で構成されているので、難しいところはあまりないのですが、1日当たりの作業時間が1時間も無いので仕方ないところです(汗)

唯一難しいというか面倒なのはリブの切り出しです。

20140704_002

対象翼(実は対象翼の自作機は初めて)なので直線的な部分はなく、貼りつけた図面のラインに沿ってフリーハンドで切り出していきます。

どうしても形は不揃いになりますので、こんな感じで重ねてヤスリで整形しますが、あまりに小さいので、あっという間に削り過ぎちゃいますから要注意です。

今日の時点でここまでしか出来ていないのですが、今週末の土曜日は東京ドームで野球観戦の予定なので、恐らく日曜日には間に合いません(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

マイクロ・スティックVer1.0( ピーナッツスケール)

フォルクスプレーンに目途がたち、次号機を思案していたワケですが、先日の尾島スピンオフ会で非常に良く飛んでくれたOK模型のスーパーSをスケールダウンし、ピーナッツサイズにしてみました。

OK模型ではスーパーSという製品名ですが、いわゆる「Stick」という機体で以前にもこんな機体を作ったりしています。

Stick

図面をダウンロード(A3版)

パーツ図面をダウンロード(A3版)

普通に高翼エルロン機だと面白くないので、翼形をスーパーSと同じく対象翼としました。

フォルクスプレーンよりも簡単な構成・形状ですので製作は楽そうです(笑)

本当はスーパーSと同じように3輪にしたかったのですが、1輪を加えた上にステアリング機構を組み込むとかなり重くなりそうだったので、主脚2輪+尾ソリになっています。

主翼はスパーを2mm角のバルサ材を上下から挟む構造で、後縁材がカーボンスパー、前縁材が0.8mmのカーボンロッドという、フォルクスプレーンでもお手軽+高強度で非常に良かった構成にしました。

メカ類はこれまでと全く同様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

フォルクスプレーンVer.1.1(ピーナッツスケール)

尾島でのスピンオフ会が終わってから、夜な夜な作っていたのがフォルクスプレーンピーナッツスケールサイズのバージョンアップ(Ver1.1)版です。

Img_1713

1号機での問題点を解決すべく図面を修正しました。

RCメカ類がキツキツだったので余裕を持って搭載できるように胴体幅を5mm拡張し、飛ばしてみないと分かりませんが、舵がもう少しマイルドになるように尾翼の面積を小さくしました。

また1号機の主翼:紙貼り、胴体:ラッカー仕上げから、フィルム貼りとしました。

Img_1711

フィルムはOK模型のe-ライトですが、結構縮めてもゆがむことはありませんでした。

メカハッチを開けたところです。

20140506_009

受信機とアンプ、バッテリが格納されます。

受信機は立てて斜めに入れないと入らなかったのですが、フラットに底部に納めることができます。

主翼を取り外し、エレベータとラダーサーボ部を見ているところです。

20140506_011

やっつけに近かった1号機を反省し、2号機ではスムーズかつサーボの動作範囲を大きくとれるように注意してリンケージをしてみました。

重心の関係でサーボは後方に寄せてみましたが、まだ足りないかもしれません。

主翼の固定方法は、前側は前作同様ノックピン、後ろ側はマグネットからねじ止めに変更しました。迎角は0度としていますが、ネジ止めにしておけば少し弄れるかもしれません。

なかなか重心なのか迎角なのかって分かりづらいですからね~。

ちなみに1号機からメカ類を引っぺがす時に破損したので、1号機はゴミ箱行きです。

図面はこちら。

20140506_999

原寸全体図(A3版)をダウンロード

原寸パーツ図(A3版)をダウンロード

これが上手く飛ぶようであれば、2号機用のモーターやアンプなどが届いたので、高翼機とか複葉機とかも作ってみたいですね~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)